ロイヤルブルー・スピカ

スピカへ向かう箱舟

ハイヤーセルフからのメッセージって?

関東方面に用事があったついでで、スクールの授業に少し顔を出して来ました。

 

先日からちまちま読んでいる引き寄せ系の本の中で、肉体の年齢の話に触れていた部分があり、そこでの一節に『 ” 今 ” の自分が常に最新で最高の存在だという意識を持つ』という言葉がありました。

 

スクールの授業にお邪魔すると、今期と私の時とでは教え方とかが少しずつ違っていて、先生ご自身が常にアップデートなさっている所を目の当たりにして、本当にそうだな、立ち止まってる暇なんてないんだなぁとしみじみ思いました。

 

 

授業の中で『訓練をしていけばハイヤーセルフの声というものは普通に生活している中でも聞き取れるようになるのか。そしてそれはどのような感じなのか』という質問が今期の生徒さん(私からすれば後輩さんですね)からあがり、私の体験や実感を少しお話させていただきました。

 

パイセンウインドをフルスロットルでふかしまくりました。いっぱいほめられた。うひひ。そしてちょっとたのしかった笑。

 

 

まずハイヤーセルフってなんぞ、という事を簡単にご説明しますと『肉体がない状態の自分』を指します。

 

うん、多分ピンと来ないよねー。

 

つまりですなー。

 

肉体があるってことは生きているという事です。生きてるって事は、感情やしがらみや欲求などが諸々あるという事。

 

逆に肉体がないという事は、生きているという事から生まれる感情やしがらみなどから解放されていて、物事を中立かつ曇りのない状態でみられるという事でもあります。

 

しかもハイヤーセルフは『自分自身』なので誰よりも、また肉体をもって今を生きている自分自身よりも自分をよく知っていて、よく周りが見えています。そういう存在が人それぞれにいて、色々教えてくれるわけです。もう少し詳しい事についてはいずれコラム的なものをサイトに入れようと思ってますのでその時に。

 

人間はきちんと正しく訓練をすれば誰でも、このハイヤーセルフのアドバイスを受け取れるようになります。ただしその先生選びがものすごく重要で、変な人に学ぶとおかしなことになったりします。私はスピリチュアル系、その他問わず色んな先生に師事しましたが、間違った方に師事したことは一度もないと思っています。皆様それぞれに私に大切な事を教えて下さいました。

 

また、ちゃんとした先生にたどり着けたとしても、その訓練ないしアドバイスを正しく受け取るための自己研鑽は、肉体が死ぬ瞬間まで、もしくは自分自身や人生を諦めるまで続きます。諦めたらそこで試合終了だって安○先生も言ってた。

 

ハイヤーの声を『聞く』というと、人の言葉や音楽を聞くように耳の鼓膜が震えるであるとか、(……えま…か。…聞こえますか……。私は今あなたの脳内に直接語りかけています………)みたいに脳内に直接はっきりとした言葉が響いてくるものを指すと思われがちですが、実はそうでもないのです。

 

『聞く』という聴覚を使う事を意味する言葉をあてるから語弊が生まれてしまう部分があるのだと思いますが、ハイヤーのアドバイスがどのような形で示されるか、どのような形で自分が受け取るかというのは個人差であったりケースによる所が大きいです。

 

もちろん聴覚ないし意識に直接言葉や文字が飛んでくる形でハイヤーのアドバイスやメッセージを受け取っている人もいます。正直うらやましいよね。だってわかりやすいもん。

 

でも、全員が全員そうというわけではありませんし、そうでないものはハイヤーからのメッセージではないというわけでもありません。また10回あるとしたら1回だけそういう風に受け取ってると感じてる人もいますが、だからといって9回は気のせいだとか、逆にその1回がいつもと違うからおかしいとかいうのも違います。ほんとケースにもよる。

 

 

 

ハイヤーセルフって人によっていろんなタイプがあって、ものすごく色々とおしゃべりしてくれるタイプのハイヤーもいれば、殆どなんにも言わないタイプのハイヤーもいます。ちなみに私は後者です。

 

メッセージの受け取り方も人によって全然違って、映像がふとした瞬間に見える人もいるし、羽が落ちてきた、場所も物も違う所でなぜか同じ言葉を頻繁に見かけるなど(言葉の意味は違うのに発音は同じとか、漢字は違うけど読みは同じとかも含め)、それらをシグナルとして受け取る人もいますし、形が違うだけでそれらも立派にハイヤーセルフからのメッセージである場合も多いです。

 

私の場合は………正直これといったものを明確な形で受け取った経験はそんなにありません。日常的に受け取ってるのはせいぜいエンジェルナンバーくらいですかね。これもあまりに頻繁過ぎて逆に私もいちいち気にしなくなって、よほどのすごい数字やタイミングじゃない限り『あーまたゾロ目っすなー、そっかそっかー、はいはーい』くらいの感覚になってしまってるのですが;

 

明確に脳内に突然言葉が響いて来た事があるのは一度だけかな。(シータヒーリングの応用セミナーの1週間後くらいだったと思いますが、車で通勤中、わりと広い道路の一番左の車線で信号待ちをしていて、向こう側から横断歩道を渡ってくる作業着姿のおじさんが視界の端に入った瞬間、脳内にいきなり『鍵!!!』って響いてきて、えっ、えっ?なに?と困惑しているうちにそのおじさんは私が運転していた車の前に来て、そしてなぜか歩道ではなく、最初からそこを目指していたかのような歩き方で歩道と私の車の間にスッと入ってきて、助手席側から窓ガラス越しに私の顔をじぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっとひたすら見られた、という謎の出来事がありました。確かに車の扉に鍵をかけるのを忘れてたんですよね。でも気付いた時にはすでにおじさんは助手席から私をじっと見つめていて、この状態で鍵をかけると逆にとんでもない事になりそうでなんとなく怖かったので(鍵の音って車の外にも聞こえるから)、私は必死でおじさんに気づいてないふりをしながら信号待ちを続行。その間も全然視線が逸らされてないのがなんとなくわかって、内心変な汗をかきながら信号とにらめっこしてたんですが、こういう時に限ってなかなか信号変わらないのよね!根負けしてついチラッとおじさんを見てしまったんですが、それでもおじさんはじっと私の顔を見ている…。全然知らんおじさんなんやけど…ほんと何…と軽くパニックになったところでようやく信号が青に変わったので、そのまま逃げるように発進しましたが、結局あのおじさんが何だったのかはいまだにわからず。宇宙人とかだったのかな?それ以来、車に乗ったらすぐ鍵をかけるようになりました)

 

私のハイヤーセルフは、自分をリーディングしている時などにこちらから質問するとそれなりに応えてくれますが、逆にこちらから具体的に質問しない限りは基本うんともすんとも言いません。なんかしゃべれや……と思う事もありますが、基本的には自分が直観で感じ取ったものを第一にしているので、聞くとしても一応の確認として聞くという事が多いです。(人様をリーディングする時とかは別ですよ)

 

 

でも私は別にハイヤーセルフから普段何のメッセージも受け取っていないとは思ってないです。

 

なんでかと言うと、『根拠はないけどなんとなくこれが気になる』とか『理由はないけどこれをしたら自分にとって楽しい事がありそう』で選び取ったものが、自分にとっていい結果になる事が多いからです。

 

つまり直観という形で私はハイヤーからのメッセージを無意識に受け取って、それを『なんとなく良さそう』という根拠のないカジュアルさでもって、普段から特に気負いとかもなく実行している訳です。

 

正直やりたくないけどやったほうが良いんだろうな~~~めんどくさいな~~~~~とげんなりしながらやってる事も時折ありますが、ハイヤーからのメッセージに従って動く事が日常化すると、サポートのエネルギーが飛んでくる事が増えるので、なんかトラブルあってもそこまで深刻な状況になる事があまりなかったり、サポートが飛んでくるのがわかってると、物事や状況を冷静にみられるようになってさらに物事がスムーズに進みやすくなったりもしますしね。(だからと言ってハイヤーがやれと言った事を必ずやらなきゃいかんかっていうとそうじゃないので、そこは誤解しないようにお願いします。結局最後は肉体レベルの自分の意志が最優先ですよ)

 

だから明確に示唆されないからといって何も受け取っていないわけではないですし、私のハイヤーが私に対して言葉やシグナルで明確にメッセージを伝えて来ない理由は、おそらく『こいつ別に黙っとっても勝手にやりよるし、ほっといても大丈夫やろ』と思ってるんやと思います。

 

私自身が省エネで生きたいのになぜかハイヤーの方が省エネという。なんでや。そうそう人生は甘くはねえぞって事だと思います。コウさんしってる。だからもう少し手加減して欲しい。あかんか。そうか。ほんならしゃあない。

 

あと、私の場合は他人の口を介してハイヤーからのメッセージが繰り返し伝えられる事が稀にあります。細かい言い方は違うけど意味は同じとか、仕事仲間のAさんが使った英単語を、たまたま道で会った元同級生のBさんが、Aさんとは違う話題の中で今度は日本語で、同じ日に私に言った、とか。めっちゃ稀ですけどね。そういう事がある時はよっぽど強い重要なメッセージとしてハイヤーが私に伝えたい事のようです。

 

本当は、私たちのように訓練していない人でも、私と同じように直観という形で日常的に無意識にハイヤーからのメッセージを受け取っています。無意識だから気付いてないだけで。

 

 

あれ?訓練してなくても無意識に受け取ってんなら訓練必要なくね?と思うだろぉおおう?!本来なら必要ないんですよ。本来ならね。

 

本来人にはこういう能力が備わっているものなんですが、大人になるにつれて目に見えない世界を、科学的根拠がない事を理由に否定してしまったり、親や周囲からそんなものが見えるなんておかしいのではないかと否定されて傷ついたりする事で、みんなその能力に蓋をしてしまっています。

 

蓋をすると直観力が鈍ります。直観力が鈍るとメッセージを正しく受け取れなかったり、正しく受け取ったとしてもどうしても直観に自信が持てず、頭で考えてしまった結果、気のせいで片付けて捨て置いてしまったり、逆に自分のエゴなどによって都合よく捻じ曲げられたものを正しいアドバイスであると信じてしまって妙な方向に行ってしまったり、他人から無意識下でコントロールを受けている事に気付かずに、他者に操られる形で間違った方を選び取ってしまったりする事があります。

 

聴覚や意識に直接語りかけてくる系のも、ハイヤーの場合もあれば、気のせいである場合もあるし、そこらへんにいる全然関係ない未浄化霊や動物霊だったりする事もあるので、それらをきちんと見分ける力をつける事と、自分の目を曇らせている原因である、不要な思い込みやフィルタをなくしていく必要があるわけで、私たちはその方法をスクールで学び、日々それをクリアにする途方もない作業をしています。エネルギーは嘘つかないっていう方もいますが、嘘をつきます。その嘘を見抜くためにも自分のクリーニングを進めていく事が重要です。

 

 

なのでね、何が言いたいかっていうとね、ハイヤーから(自分の望んだ形で)言葉が聞こえてこないからっつって落ち込む必要はないという事ですよ後輩さんたち。なんらかの形でみんな絶対に受け取ってます。気づいてないだけです。受け取れてないんじゃないかって不安になる事もあると思います。でもその不安な気持ちもクリーニングしちゃうのです。自分のクリーニングが進んでいけば、それに気づく確率がだんだん高くなりますしハイヤーのメッセージを装った雑音なども減って行きます。そういうもんです。

 

私もこんな偉そうな文章をパイセンヅラして書いてますが、まだまだです。不安な事いっぱいあると思いますが、一緒に頑張っていこうね。そして先輩方、同期の皆さん、頼りにしてます。うふふ。

 

 

f:id:healing-koh:20181011234438j:plain

先日飲んだタリーズのハロウィン限定ドリンク。両方ともおいしかった。くまさんのカップスリーブ目当てで買ったけど、なくてもまた飲みたいです。カロリーめっちゃ怖いけど!個人的には両方ともホットがお勧めかな。